スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病とマクロビオティックについて思うままに

糖尿病とマクロビオティックについて思ったことを書いてみます。

マクロビオティックや玄米菜食を実践していた時期があります。
幕内秀夫さんの「粗食のすすめ」や、新谷弘実さんの「病気にならない生き方」・
西式健康法をもとにした甲田光雄さんの甲田式の健康法の本などを読んできて、
一貫しているのが、動物性蛋白質をとらないか極力減らすということでした。

糖質制限をする場合、どうしても動物性タンパク質が多くなってきます。

血糖値の数値も良いので当分は糖質制限をするつもりですが、
糖質制限の長期の実施が、体にどのような影響があるのか、
実際のところ分かっていませんよね。

私自身、マクロビオティックについてあやふやになってきた部分もあるし、
同じ糖質制限をするにしても、より健康的な糖質制限をしていきたいので、
確認と再勉強のために書いてみることにしました。


糖質制限とはあまり関係ないかもしれませんので、興味のない方はとばして下さいね。


マクロビオティックのマクロとは、大きいや長いなどの意味。ビオとは生命。ティックとは、術・学など。
ギリシャ語が起源で「偉大なる生命」 などの意味があるそうです。

「一物全体」 「真土不二」の考えを基本としています。
土地や気候を大切にした考え方で、自然をそのまま生かした食材を使います。

「一物全体」とは、ひとつの物を丸ごと食べる。米や小麦などの穀物は精米せずに玄米のまま。野菜は根も皮も捨てずに、あく抜きさえもしないで調理する。
丸ごと全部食べることで、調和がとれる。肉や大きな魚など、まるごと食べることが出来ないので
マクロビオティックではたべません。
皮もすべて食べる・・・という意味でも、農薬など使わない有機栽培の野菜・穀物を使います。

「真土不二」動植物が環境の一部であるように、人間(身)も生まれ育ったその土地の環境(土)とひとつで
バラバラに出来ないという考えのもと、生まれ育った土地で稔った食物、獲れる食物を食べる。
暑い地方で出来る食物は、体を冷やすものが多く、寒い地方で出来たものは温める作用がある。
土地の風土にあった食べ物を食べることが健康につながるという考えで、旬の食材を使うのもこの考えからです。

食物を食べる割合というのもあって、人間の32本あるうちで、穀物などをすりつぶすための臼歯が20本・
野菜を噛み切るための前歯が8本・肉や野菜を食いちぎるための犬歯が4本。
この割合から、穀物を4~6割。野菜を2~3割。動物性食品を1割以下にして食べるようにしています。

実際何を食べるかというと、
米や雑穀の精製していないもの。
有機栽培の野菜。
豆類。海草類。
動物性のものは、丸ごと食べられる小魚のみ。
だしをとる鰹節もつかいません。

調味料も自然にこだわります。
塩・醤油・味噌がマクロビオティックの三大調味料で、砂糖は使いません。
塩・・精製していない海水で作った自然塩。体に必要なミネラルがたっぷりと入っていて、
なめると少し甘みがあります。

醤油・・無農薬国産丸大豆と自然塩で作った天然醸造の長期熟成のものがベスト。

味噌・・自然の気候で2年以上、自然発酵熟成したもの。

醤油も味噌も発酵過程で、酵母や乳酸菌がたくさん含まれている点もいいそうです。

砂糖はとりません。甘みも日常はとらずに、ハレの日だけ、みりんや米あめなどを使って甘みを出します。
マクロビオティックの食事になれてくると、玄米や野菜をよくかんだ時に感じる甘みで満足してくるそうです。

油も、植物性原料を化学溶剤で抽出せずに圧搾法で絞った油。
菜の花油・白ゴマ油などです。


マクロビオティックも厳密に実行するとすれば、他にも細かくあるのですが、
( 水分をあまりとらないとか、陰性・陽性とか、野菜の切り方とか・・・)
我が家では、上記の内容をとくに気をつけていました。

ただし、糖尿病なので、玄米は200gと決めて、野菜中心のタンパク質は豆類からという食事内容にしたので、
主食をとる割合がすくなめになっていて、厳密にはマクロビオティックとは言えなかったかも・・・

メニューとしては、
玄米と、味噌汁。
漬物・梅干し。
レンコンやゴボウを使った煮物やきんぴら。
葉物野菜のおひたし。塩もみやみそ漬け。
あまり生野菜はとりませんでした。
タンパク質は、豆腐・納豆・豆料理・小魚などからとっていました。
基本的に粗食です。糖尿病なので、カロリーにも気をつけていました。(あまり高カロリーにならないという程度)

このときに圧力鍋を買って、玄米を炊いていたのですが、
圧力鍋で炊いた玄米がもちもちしておいしくて続けていたようなものです。

砂糖や添加物をとらないので、スーパーではあまり買い物ができませんでした。
たくあんなど漬物も、砂糖を使わずに作ったものを買っていました。
マクロビオティックを真剣にやったのは、半年くらいでしたが、
この間は、ほとんど砂糖はとりませんでした。食材に含まれている糖質のみです。
( たまに外食もしましたが・・・)

それと養生食があって、糖尿に良い食べ物として、小豆とかぼちゃがあり、
小豆とかぼちゃを砂糖を使わずに煮たもの「小豆カボチャ」と
もうひとつ、糖尿に良い野菜で作るお茶( スープ )を毎日食べて、飲んでいました。
この養生食を食べていたのは1か月~2か月くらいだったと記憶しています。
毎日毎日、あまりにも面倒で続きませんでした。
( 詳しい本と資料が見当たりません(T_T)。もし興味がある方はコメント下さい。探してみます。
糖質制限をしている方には無縁ですよね。小豆かぼちゃなんて糖質たっぷり。)

この結果、ヘモグロビンA1cは下がってきました。朝の空腹時血糖は数か月下がらず、下がったといっても133。
でも、6を切ったことがなかったA1cは、5.7まで行きました。
( 朝の血糖も133じゃ低い方ですよね。今糖質制限をして、もっと低いので「高い」と思ってしまいました。)

普通にバランスよくカロリーを制限する、一般的な糖尿病の食事内容よりも、
マクロビオティックの食事内容の方が、数値は下がったわけです。

H10年12月にA1c 5.7がありますが、それ以外はずっとA1c 6以上です。

H16年12月28日  朝空腹時155  A1c 7.0   →このあと、1月中旬頃からマクロビオティックの食事開始。
H17  1月25日       149 6.8
     2月26日       163   6.2  54
     3月26日       143   6.3  53   
     4月30日       133   5.9  53
     5月28日              5.7  53 食後1時間半 血糖値238

 この頃からマクロビオティック徐々にやめていきました。
 やめたといっても、玄米菜食プラス魚、肉も食べる。漬物などの砂糖まで気にしない
 といった程度で、調味料などはそのまま。基本和食で粗食です。
 でも、外食もするし、パンも食べるし、お菓子もたまには食べるといった内容。
 
   8月6日   134   6.1  56 →体重も増えていますし、このあと血糖も上がっています。

H17年5月の食後の血糖血238という数字からもわかるように、
マクロビオチックは砂糖は取らないといっても、玄米・根菜類でかなりの糖質をとります。
毎食後、200を超す高血糖になっていたと思います。
朝130まで下がっているのは、薬のおかげでしょうか・・・

マクロビオティックをやめたのは、作るのも大変だったからというのもありますが
食後の血糖値の高さも気になったみたいです。
実は、マクロビオティックをしている頃、図書館で「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」の本を借りたのです。
私は、「なに馬鹿なこと言ってんだ」ってなかんじで、ほとんど読まなかったのですが、( 玄米菜食の考えに同調していたので)
夫はちらっと目を通したようで・・・徐々に夕飯のごはん(米)を減らしていき、食べないようになりました。
( でも、この時点では夕飯の米を食べないだけで、糖質制限はしていません )

A1cが6を切るというのは、状態はいい方です。
もし、食後の血糖値を測っていなかったら、夫が「主食を抜けば・・・」を読んでなく、
ヘモグロビンA1cの数値で安心していたら、血管はボロボロになっていたかもしれません。
( かなり長期間の高血糖な時期があるので、もうボロボロかもしれませんが )

血糖値が200以上になれば、血管内皮の細胞に障害が起きる→合併症のリスク増大。
というのは、上記の本からの知識です。


長年通院していましたが、どの医師からも、食後の高血糖がよくないとは言われずに、
空腹時の血糖と、A1cで、その時の血糖コントロールが出来ているかどうかの指導があったのみです。

結局のところ、マクロビオティックは、糖尿病には良くない( 個人差はあると思いますが)んではないかなと、
糖質制限をやってみた結果思うようになりました。

でもまだ、糖質制限で動物性蛋白質を多くとることは、ひっかかったままなんですが・・・
今日はこのへんでおわりにします。

応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
スポンサーサイト
参加してます♪

ご訪問ありがとうございます。
励みになりますので
1日1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ

おすすめ品

 糖質制限の必需品!
 カロリー&糖質ゼロ


低糖質な料理やお菓子作りに♪
小麦粉代わりにおからパウダー

おからパウダーと
乾燥おからの4キロセット

少量なら


プロ野球の工藤公康選手も愛用
1日3粒糖質1グラム以下の生酵素
夫も毎朝飲んでます。

カテゴリ
スポンサードリンク

最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

こんにちは(*^_^*)
福岡在住のたるるんと申します。

たるるん30


糖尿病の夫が糖質制限食を始めて5年目になりました。 食事と血糖の記録にと思って始めたブログですが、 レシピも少し紹介しています。 最近はお金のかからない糖質制限食を目指しています。 気まぐれ更新ですが、どうぞよろしくお願いします。

こんなブログもやってます。
トイプードルのルビたん★病気だけど元気だよ

うちのお弁当時代

低糖質なパンやスイーツおとりよせ

糖質制限の本
月別アーカイブ
お買いもの先リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。